会議室の維持

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

会議室を頻繁に利用する企業では、オフィス内に会議室のスペースを用意する必要があります。会議室を頻繁に利用する場合には、会議室は仕事の遂行上必要不可欠なものとなるため、会社内で会議室を作ることで貸会議室の利用を減らすことになります。会議室を頻繁に利用する場合には、貸会議室の利用料もそこそこ掛かってしまうものです。そこで、会社内に会議室を作った場合にどれくらいの費用が掛かるのかを考えることで、それぞれのコストを天秤で量ることができます。

まず会議室を利用する場合には、会議を行うためのスペース以外に会議を行う道具が必要となります。会議室では机や椅子とプロジェクターなどの会議に使用する機材の準備が必要です。会議室を維持すれば当然掃除を行うことも必要となるため、社員に掃除をさせるか掃除の業者を依頼するかに分かれます。業者に依頼すれば常に清潔に保つことが可能となりますが、それなりの維持費用が掛かります。このように会議室を会社内で用意する場合にはいろんなコストがかかってきます。

オフィスビルなどで最初から会議室が用意してあれば都合が良いのですが、都市部のオフィスビルでは会議室の無い物件が多くみられます。また、会議室を増設するとなれば、その建設費用もかなりの額となってしまいます。このようなことを考えた場合に、実際に会議室を利用する頻度との兼ね合いを踏まえながら、貸会議室を利用すべきか会議室を社内で作るべきかを考えると良いでしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket