貸会議室の利用

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

大手の企業では会議室を会社内に用意して、会議を行うときはこの会議室を利用しています。しかし、会社内に会議室を用意していない企業が増えてきており、業種によっては会議を行わないこともあるため、事務所内や会社内に会議室を準備しないことも不思議ではないかもしれません。

また、2、3人の相談などの打ち合わせには、会議室を利用することなく喫茶店などで相談や打ち合わせをすることが多く、特に都市部などの企業の事務所では、会議室を用意しておらず必要なときには貸会議室を利用する企業もあります。会議室では会議のための機材や会議室の清掃などのコストが必要となり、会議室を維持するための固定コストを削減するため貸会議室を利用することになります。都市部のオフィスでは、貸会議室を提供している企業があり事業での会議、社員研修や面接などで会議室が必要な場合には、貸会議室を利用して業務を行います。

都市部のオフィスでは、会議室が備え付けられていないオフィスが多く見られるため、貸会議室のニーズが増えてきています。貸会議室は、それ自体がオフィスビルの中にある貸会議室、ホテルの中にある会議室や公共施設である公民館の貸会議室などがあります。どの貸会議室を利用しても無料でではなく利用料が必要となりますが、オフィス内の一部を会議室として維持管理をしていくよりはコスト削減につながると考える企業が多くみられます。共有スペースの有効化を考えた方法です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket